HARDCORE KITCHEN
hardcore.exblog.jp

HARDCORE KITCHEN Mail: hck@ hck.sakura.ne.jp
カテゴリ
LINK

●HxCxK MYSPACE


●HxCxK携帯版


HxCxK Mobile

●HxCxK BBS


●BAND:

・atmosfear
・B.D. UNION
・THE BLAST
・BREAK OF CHAIN
・Center Wrong Unit
・CIRCLE FLEX
・COMPLETED EXPOSITION
・CORRUPTED
・CRANK
・CRIKEY CREW
・CRISPY NUTS
・CROW DRAGON TEA
・沈黙爆撃機
・DEGENERATE
・Devastated Goes
・DEVOID
・DIG-LAZY
・DORAID
・Dr.BREAKER
・猿臂
・EXPLOSION SACK
・fall sets in
・FC FiVE
・five kinds square
・FRIENDSFOREVER
・THE FUTURES
・HUMPTY DUMPTY
・HYDROPHOBIA
・IMMORTALITY
・KAMISORI
・KATIE KATTY
・狂撃
・LARVA
・LAST ONE STANDING
・LIQUID SCREEN
・MEANING OF LIFE
・Nightmare
・NK6
・ONE LAST VICTIM
・PSYCHOTIC REACTION
・REAL REGGAE
・RE-BUILD
・ROBO&THE MOVEMENTS
・ROGUE TROOPER
・R.O.M.
・SMASH YOUR FACE
・THE SPROUTS
・STAB 4 REASON
・STIR UP SHIT
・STRONG CROWD
・SUPPORTERS
・Svar fra hedensk
・SWARRRM
・TECHNOCRACY
・T.J. MAXX
・TONE DEAF
・TURTLE ISLAND
・VIDA ES DOLOR
・WAGPLATY

・THE YOUNG PENNSYLVANIANS
・ゾスキア
・ZOMBIONZ

●LABEL:
・BLOOD SUCKER RECORDS
・B.M. PRODUCTION
・FRONT OF UNION RECORDS
・HANDA & COMPANY
・旗掲レコード
・H.G.Fact
・KARASU KILLER RECORDS
・殺シノRECORDS
・LESS THAN TV
・LOVE OVER VOLTAGE RECORDS
・MCR COMPANY
・POGO 77 RECORDS
・STATEMENT RECORDS
・STINGER RECORD
・TIMES TOGETHER
・VITAL SIGN RECORDS

●SHOP、PRODUCTION:

●アルベルト治療院

・現代からだ研究所
・AFTERBASE
・BAR HAWK WIKD
・BARKBOX
・BIGTIME
・BLUE tal YOKOHAMA
・カフェレストラン・フローリック
・CORE MACHINE
・Debutante
・fabu
・Grave
GRIM krazy painting
・破壊屋社中レコードショップ
・HCPOWERED
・HOLE OF THE WALL
・ホテルグリーンピース

・彫しげ
・イタリア食堂・ロイ
・K-CLUB
・LINDA
・#6 SHOPPER'S WEB
・QKR Productions
・RED CAT SALOON
・STARGAZER
・SUICIDE PLANE
・TRUE CLASSIC
・YONARTE TATTOO
・WOODS SKATE SHOP+PARK
●LIVE HOUSE:
・HELLUVA LOUNGE
・LIVE HOUSE 108

●OTHER:
・CYNICAL SMILE
Fishing with Zung
・MOBSPROOF
・My Fart JUGEM
・Oh, damn!
・SADDLE TRAMP
・SAVAGE SUPPORT
・THE JAP HARD CORE PUNK HOMEPAGE
・TOR2GA
検索
以前の記事
2017年 09月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2003年 11月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excuse To Travel インタビュー

d0028657_13495046.jpg

9月某日。

AVIS(京都のレコ屋)閉店を聞きつけて京都を訪れていた岡山のきりぬくんを
インタビュアーとして招き、四条烏丸の上島珈琲店にてインタビューを実施。
その様子をお届けします。

・自己紹介
きりぬ(以下き)
「インタビュアーのきりぬです。よろしくお願いします。
じゃあまず、自己紹介からお願いします。あんま知らないっちゃ知らないんですよね。年齢とか、出身とか。」
ナカジくん(以下ナ)「まあそっちの方がインタビューとしてはいいかもしれないですね。」
ゆうき3(以下ゆ)「じゃあ、年齢順で僕から。」
き「あ、ゆうき3が一番上なんですね。」
ゆ「そうそう。ドラムのゆうき、今年度32歳。」
ナ「真顔笑。」
ゴッチ(以下ゴ)「紙面に載らないですからね、顔は笑。」
ゆ「京都でwith one accordってディストロをしてます。あと、cowsってバンドでもドラム叩いてます。
はい、じゃあ次、ゴッチさん。」
ゴ「ギターのゴッチです。今年度31歳。岡山出身で今は岡山在住。きりぬくんも出身は岡山だよね?」
き「僕いります?笑。倉敷です。大学で神戸の方に行ってた時ありますけど。」
ゴ「あ、なんか前聞いたね。」
ゆ「はい。じゃあ最後、ナカジさん。」
ナ「ベースのナカジです。今年度28歳。」
き「あ、じゃあ僕の一個下か。」
ナ「京都在住で。出身は三重なんですけど。大学から京都で。」
き「了解です。ありがとうございます。」
ナ「こんなもんでいいすか?」
き「こんな感じじゃないですか?笑。」
ゆ「だいぶ会話が回るようになったな笑。」
ナ「きりぬさんが合いの手を入れてくれることによってだいぶ喋りやすくなりました笑。」
ゴ「うん笑。」・バンド結成の経緯き「はい、じゃあ次。バンド結成の経緯を教えてください。」
ナ「もともとゴッチさんが言い出して。」
き「あ、そうなんですか?」
ゴ「そうそう。仙台の大学卒業して就職で滋賀に来て。
その時に関西の唯一の知り合いだったtheoremのベースのガクくんに『バンドできそうな人いない?』って声掛けて、
ゆうきさんを紹介してもらって。」
き「ゆうき3その時バンドやってたんですか?」
ゆ「いや、その時はやってない。cowsもしてなくて。」
ゴ「で、元ゆうき3ちの最寄りのサークルK集合で。」
き「サークルK笑。え、それっていつくらいですか?」
ゆ「2012年くらい?」
ゴ「で、その時孝べえ(エクトラがよく行く居酒屋)行って、一緒にバンドやりましょって誘ったけどダメって断られて。」
ゆ「自信がなかったんですよ。」
き「あ、モチベーション的に?」
ゆ「色々誘われてたけど、断ってて。」
ゴ「で、そうこうしてる間に大学の時にやってたNoeyeのメンバーが関西来ることになって。
2年くらい続けたかな?けど、もともとバンドやるにあたって、自主企画したいっていうのがモチベーションとしてあったんだけど 、
もうそんな自信も無くなって。で、もう解散しよって言ったら、しよっかってなって。」
一同笑
ゴ「もともと3年間だけ前の会社で働くつもりだったんで、残りの1年暇だなって思って、2人を誘った。電話で。」
ゆ「僕とナカジはライブハウスでもともと出会ってて、ゴッチ君ともそういう感じで出会ってて、3人で毎週末遊んでたから、
もうバンドやろっかってなった。」
ナ「結局そこですよね。飲み仲間やったんが、一番バンドのメンバーとしてもぱっと組みやすかった。
もともと1年間の期間限定でやる予定だったので。結局それ以降も続けてるんですけど。笑」
ゴ「そうそう、僕が仕事の都合で岡山に帰るまでの1年間だけやるっていう。」
ナ「ちょうど僕がベースで、ゆうき3がドラムやし。」
き「それがいつですか?」ゆ「2014年の春。」・曲作りの手法き「じゃあ、どんな音を目指してやってるとかありますか?」
ナ「最初はなんかもっとストレンジな。」
ゆ「ストレンジで速い、みたいなのを目指してたよね。」
ゴ「僕はMAN★FRIDAYとかJOYみたいなのをやりたいなって言ってた。」
ゆ「でもそれっぽい曲ができなくて。で、もうなんも考えずにせーのでセッションしたら、
3人とも好きな感じができたから、未だにそういうスタイルをとってる。」
ゴ「セッションから曲になるのは、その1割くらいだけど。」
ゆ「だから『こういう音楽をやりたい!』ってやってる感じではないかな。」
ナ「各々は『こういうの』ってのがあるかもしれんけど、合わせると違うものができるっていう。」
ゴ「僕は結局、そうやっていろんな要素が入った、最初にテープで出した音源に入ってるOVERって曲の延長を目標にしてますかね。
OVERを作ったバンドが作ってる曲かどうか、みたいな。」
ナ「あー。それはありますね。レコーディング含め一番聴いてますしね。」
ゆ「OVERに限らずだけど、周りから言われる『○○っぽい!』ってのも、全然違うしね。
だからそういう意味ではOVERは確かに軸になってるかもしれないね。」

・収録バンドの印象
き「じゃあ、次。収録バンドの印象をお願いします。」
ゴ「そもそもなんで4バンドなんだっけ?」
ナ「それは、コメットさんからオーダーがあったんですよ。
Dancebeach以外はコメットさんに決めていただいた。」
き「正直僕、Dancebeach以外知らないんですよね。」
ナ「個人的なところを言うと、自分らの視点から見て今回のスプリットは、昔から好きやったDancebeach、
ハードコアキッチンのsuspect threeで知って絡むようになったJahanGiR.、
今まで絡みがなかったけどコメットさんの推薦で今回絡むことになったADA。
これまでの絡み方が違う3バンドと一緒になったのがいいですね。出してる音も違うし。」
き「それぞれと対バンはしたことはあるんですか?」
ナ「DancebeachとJahanGiR.はあります。」
ゆ「ADAだけ、今回の東京が初めて。」
ナ「4バンド、いいバランスですね」

・今注目しているバンド
き「次が、今注目してるバンド。これ一人ずつ聞きたいですね!ゆうき3から。」
ゆ「えーなんだろ…最近youtubeとかにフルであがってるDISCHORDとか90'の激情とか、
エモとかをBGMとして店(リンキーディンクスタジオ四条烏丸店)で流してて、それをよく聴いてるかな。
youtubeにあがってるのを聴くってのはよくないんかもしれんけど。」
ナ「なるほど。じゃあライブ見たいのは何ですか?」
ゆ「京都の5kaiかな。タイミング合わずに見れてないけど。」
ゴ「あー。こないだバイサマ(by the end of summer)企画でソクラテスでやってましたね。」
き「マスロックですか?」
ゴ「いや、なんか土臭い。」
ナ「トラック感のある演奏で、ボーカルは語りに近い感じ。
多分バイサマとかと同世代で、立命のバンドですね。」
ゴ「ロックコミューン?(立命館の軽音サークル)」
ナ「いや、軽音部の方ですね。」
き「じゃあ、ゴッチさん。」
ゴ「3つ上げますね。バンド系だったら、まずライブ見たことないFAAFAAZ。
こないださんだるズの車で岡山から京都来た時に、さんだるズのメンバーが車内でかけてた。
Exclaimぽくて好きですね。次が何回でも見たいんだけど、GEZAN。
暑苦しい感じが好きですね。あと、最後はアレですね。
僕はPerfumeが好きで。来週9/13に星野源とPerfumeの対バンライブに行きたいです。」
き「どこでやるんですか?」
ゴ「大阪城ホール。ファンクラブの先行落ちちゃって、今mixiのコミュニティーを監視し続けてる。
定価で取引できるから。
翌日のホルモンの方ばっか売りに出されてて、まだ行けるかわかんないんだけど。」
き「ゴッチさんといえばPerfumeってイメージですよね。」
ゴ「ライブがよくて。曲は、まあシングルとか全部買うけど、ライブが見たい。
曲じゃないところが見たい。」
き「あ、MCが聞きたいんですね。」
ゴ「そう。ライブがトータルで3時間だったら半分くらいしゃべってるんだけど、それがいい。
キラキラした3人が見たいんだよね。」
き「じゃあ最後、ナカジくん。」
ナ「ライブを観たいという意味でも国内だったら、2つ。
1つ目が札幌のthe blue leeching ambulance songs。theSunのメンバーがやってはるバンド。
一枚のデモが出ててそれは持ってないんですけど、youtubeに動画がアップされてて。
それがすごいかっこいい。とてもライブ観たいです。2つ目がKENNY BAKER。」
き「あ、最近音源が出た。」
ゆ「すごいいいって聞くよね。」
ナ「昔のデモとかも持ってて、凄い好きです。
ドラムにDAIEI SPRAYとかAS MEIASやってた現twolowの塚本さんが最近入って気になってます。
なんか絞るの難しいですね。あとMY CHORDとdiscotortionは何度でも観たいと思います。
結局札幌方面が多いですね。」
ゆ「あと、岡山のTHE NOUPもまた見たいなぁ。
あと企画に出てもらったけど、trespassも。」
ナ「「あ、trespassいいですね。trespassはある一定のシーンに固執せずに、ゴリゴリのハードコアのイベントでも、
ニューウェーブやエモ界隈のイベントでも、フラットにかっこいいライブをするイメージです。
ライブで説得する、みたいな。」

・上半期のベスト音源
き「そういえば上半期のベスト音源ってなんですか?」
ナ「BACK TO BASICS(以下BTB)ですね。よく聴きました。
ゴッチさんが沖縄のライブでサポートで弾いたっていうのもありますし印象深いです。」
ゴ「僕もよく聴きました笑。」
ゆ「そうやなー。BTBとtheMiscastsは聴きまくったかな。」
ナ「あれ?theMiscastsの音源出たのは去年か。」
ゆ「出たのは去年やけど、個人的に聴きまくりました笑」
ゴ「ヘルプで叩いたし。」
ゆ「うん。」ナ「メンバー2人が参加したっていう意味ではその2つ。」
ゴ「僕はfallsですかね。逆にきりぬ君は?」
き「あー、僕はLOSTAGEですね。じゃあ3人共通してよく聴いたのは、BTBということで。」

・印象に残っているライブ
き「じゃあ次。過去の自分たちのライブで強く印象に残っているのは?」
ゴ「えー!?」
ゆ「楽しかったという意味では、こないだの九州遠征は、よかった。
最近は仲いいバンドに呼ばれることが多くて。でも、ただ単に僕らのライブを見たいって人が呼んでくれたという意味で、
九州遠征はよかった。大分も北九州もバンドで行ったことなかったんで。ほんまに初めて見る人の前でやって、
反応があったのがよかった。」
ナ「4月の徳島もよかったなぁ。前日岡山でやって、WILD ANIMALSに『翌日の徳島も一緒にどう?』って言ってもらえて、
TURNCOATのキョウヘイさんに調整して頂いて、急遽徳島に行ったやつ。
短めのセットで。」
ゴ「4曲ぐらい。」
ナ「こういう経験はないなっていう意味で、印象的だった。」
ゴ「飛び入りで参加するっていうね。」
ナ「その際はありがとうございました、ごめんなさいって感じですけど笑。」
ゆ「ただWILD ANIMALSのブログに僕らの名前出てこーへんかった笑。」
一同笑
ナ「酔ってたんでしょうね笑。」
ゆ「『このツアーで出会ったDRIVE LIKE JEHUみたいなバンドだ!』って言ってくれてたのに笑。」
ナ「でもやっぱり九州かなぁ。」
ゆ「あー。初めて連続で地方2箇所行ったしね。東京-京都はあったけど。」
ナ「個人的に特にライブが楽しかったんは九州やなぁ。
大分の箱の作りも2階建てってのも初めてで新鮮だったし。
機材トラブルもあったりしたけど。」
ゆ「テンション下がらんかったしな。」
ナ「ライブ以外でも、向こうの人と喋れたし。ただ飲んでるだけじゃなくて、
それぞれのローカルシーンの話もできたし。普段どこで練習して〜とか、
どこでライブして〜とか。個人的にはそういうのが楽しい。」
ゆ「日程にも余裕あったから、メンバーでゆっくりできたってのもよかったしね。」
ナ「やっぱり九州ですね。」
き「ゴッチさんはどうですか?」
ゴ「ライブの出来って話じゃないんだけど。僕あんまりライブの後に人と話をするのがあまり好きじゃないんですよ。
『よかったよ!』って聞きに行くというか。言われたい気持ちもあるんですけどね。
でもそういう当たり障りないやりとりをするのがすごい苦手で、
どっかに消えてしまいたいみたいな気持ちになるんですよ。
でもいつだかのリンキーでのスタジオライブでBTBと対バンした時に、僕ら終わったあとにBTBのベースのナオコさんに
『ゴッチくん、ナニワのイアンマッケイやん!』って言われたのは、『よかったよ』みたく漠然としてなくて、
直球の感想ですごい嬉しかったのは覚えてますね。」
き「あー。…まあでもとりあえず、バンドとしては九州のツアーが印象的だったってことでいいですか?」
一同笑

・今後の動きについて
ゴ「あれ、あと何個質問あるんだっけ?」
き「一個です。今後の動きは?」
ナ「今後の動きは、もうライブが決まってるんで。
12月に京都で企画をやります。」
ゴ「某バンドを呼びます。全6バンド。」
ナ「ライブも年内は6回。」
ゆ「あとは来年某レーベルから音源を出す予定なんで、それに向けて曲作りしてます。」
ナ「そんな感じですかね。」
き「なるほど。がんばってください!ありがとうございました!」
ゆ・ゴ・ナ「ありがとうございました!」





GIG SCHEDULE



9/23(土)@小岩bush bash
10/28(土)@高松TOONICE
11/3(金祝)@京都
11/4(土)@今池HUCKFINN
12/2(土)@出町柳SOCRATES
12/3(日)@難波BEARS


d0028657_08265948.jpg
d0028657_07550178.jpg

d0028657_12483607.jpg

d0028657_13521404.jpg






HCK-041
ADA,Dancebeach,Excuse To Travel,JahanGir
“Steel Evening Silent Floor” 4way split CD (税抜)1800円

福岡,名古屋,京都,舞鶴/尼崎の4バンドによる4way split !
MELODIC,EMOTIVE,ALTERNATIVE, JUNK HARDCORE
をひっくるめて多重衝突した様な4WAY SPLIT!
d0028657_08264788.jpg






[PR]
# by hardcore-kitchen | 2017-09-16 13:58 | インタビュー
JahanGiR. インタビュー
d0028657_00593108.jpg

https://youtu.be/hD1Q_PArl6c


1メンバー紹介:
ギター アキヒロ、ベース コサカ、ドラム オシタニ。
アキヒロは 49年生まれ、ベースとドラムは42年生まれ、同級生です。



2結成から今現在のメンバーに至るまでの経緯を簡単に教えてもらえますか?:
結成は1994年、全員大阪にいてた時です。最初は4人編成でボーカルが何人かいました。
(ダーティのミッタ君がいた時代も!?) 時を経て3人になりました。(実はいいボーカルがほしい)
メンバー3人は変わらず同じです。



3 曲を作る時の流れを教えてください。(誰が持ってきて~全体で合わせるなどなど):
主にベースとドラムが曲を作っています。
ベースは宅録でボーカル以外のオケを作るか、最近はベースとドラムマシーンでオケ作って、
それに対してギターにおもしろいのを乗せてくれと発注して作ります。
ドラムは宅録が出来ないので、ギターとベースとボーカルを概要で作って、みんなに披露する形です。
ベースは曲をまとめるのが上手く、ドラムはまとめるのが下手で完成するのが遅いです。



4 今後の動きを教えてください。:
うちらは歴が長いだけで非実力派のしかも高年齢の中途半端なバンドなので、
しいて言うなら、もう少し実力を付けて僕たちがいいと思っている曲たちをストレス無くおもしろいなと思えるものに持っていきたいです。
それとありきたりてすが、無理のない程度にいろんな所でライブしたいなと思います。



5 収録バンドを聞いての印象は?:
みんな三者三様でカッコいいなと思います。とくに音楽へのひたむきさがビンビン伝わってきて、
このメンバーの中に入れて光栄だなと思います。



6 自分の活動しているローカルシーンの現状を教えてください。:
頓着が無いので、よくわかりませんが、若い人が少ないと思います。
僕らが若い時と違ってバンドの価値観が低いのでしょうね。
だからといって、僕たちは何もする予定はないです。



7 過去の自分達のライブで強く印象にのこっているモノがあれば教えてください。:
サスぺクトスリー神戸レコ発でメガネのゲストボーカル4人も呼んで、僕たちは楽しめたけど、
ライブ全体の流れを濁したことを少し後悔しています。



8 今注目しているorお気に入りのバンドは居ますか?:
ホリユウジ、ナルコレプシン、large400






NEXT GIG










d0028657_08265948.jpg

9/23(土)@小岩BUSH BASH
ADA(福岡)
Dancebeach(名古屋)
Excuse To Travel(京都)
JahanGiR.(大阪)
MiDDLE
OFFICE VOIDS
SUPER DUCK(大阪)
urgh

16時/16時半 2300/2800



d0028657_12483607.jpg

2017/11/4(土)今池ハックフィン
「Stepping on the floor」
Excuse To Travel
JahanGiR.
Heyhey Mymy Voodoo
Dancebeach
pleasure and the pain
VODOVO

開演18:30



d0028657_00592790.jpg

11/11(土)京都ソクラテス
depth
BY-PASS
JahanGIR.
BRAIN DEATH
Nightmare






d0028657_08264788.jpg






HCK-041
ADA,Dancebeach,Excuse To Travel,JahanGir
“Steel Evening Silent Floor” 4way split CD (税抜)1800円

福岡,名古屋,京都,舞鶴/尼崎の4バンドによる4way split !
MELODIC,EMOTIVE,ALTERNATIVE, JUNK HARDCORE
をひっくるめて多重衝突した様な4WAY SPLIT!






d0028657_00592092.jpg




HCK036
JAHANGIR,NOWON,the Miscasts  
"SUSPECT THREE" 3way split CD (税抜)1500円

関西からそれぞれのありのままの生き様と
溢れる人間味がメロディに乗った強力な3バンド による渾身の12曲!!

発売中!!!

[PR]
# by hardcore-kitchen | 2017-09-13 01:08 | インタビュー
Dancebeach インタビュー

d0028657_07545444.jpg



○メンバー紹介をお願いします
ギッペイ(Dr.) ヤマカゲ(Ba.) Yama(gtr/throat)


○結成から今現在のメンバーに至までの経緯を簡単に教えてもらえますか?
2004年結成~何度かのメンバーチェンジを経て現在に至る。


○曲を作る時の流れを教えて下さい
(誰が持ってきて〜 全体で合わせる…などなど) Yamaの持ってくるリフやフレーズの断片を
3人で膨らませたり削ぎ落としたりして曲にしてます。




○今後の動きを教えて下さい
2018年リリース目標の3rdアルバムの制作の為の曲作りを中心に考えてます。


〇ライブの意気込み
ADAとJahanGiR.との対バンは初顔合わせなので、とても楽しみにしてます。
まぁ気負わず、いつも通りに出来ればと。 良い1日に鳴ればと思ってます。


〇レコーディングのエピソードは??
録音中に空調の音が入るのを避ける為、暖房無しの極寒のハックフィンで震えながら作業した事です。








NEXT GIG

9/17(日)今池祭り NORTH ISLAND
19:15~演奏予定





d0028657_08265948.jpg


9/23(土)@小岩BUSH BASH
ADA(福岡)
Dancebeach(名古屋)
Excuse To Travel(京都)
JahanGiR.(大阪)
MiDDLE
OFFICE VOIDS
SUPER DUCK(大阪)
urgh

16時/16時半 2300/2800








d0028657_07550178.jpg

10/28(日t)高松TOONICE

OFF-END
Excuse To Travel
deer eats everything
TURNCOAT
SUNGAZE
kinderwalls
PARKMATES
Dancebeach








d0028657_08264788.jpg






HCK-041
ADA,Dancebeach,Excuse To Travel,JahanGir
“Steel Evening Silent Floor” 4way split CD (税抜)1800円

福岡,名古屋,京都,舞鶴/尼崎の4バンドによる4way split !
MELODIC,EMOTIVE,ALTERNATIVE, JUNK HARDCORE
をひっくるめて多重衝突した様な4WAY SPLIT!








[PR]
# by hardcore-kitchen | 2017-09-11 08:03 | インタビュー
ADA インタビュー
d0028657_08263934.jpg


今回HARDCORE KITCHENより発表された、 GENOCIDE EXPRESS FROM NOWHERE /STEEL EVENING SILENT FLOOR
2枚のオムニバスに参加したADAに これまでの経緯とこれからの進展を聞いてみた。


※まず初めにADAを始めた経緯は?
ADAを始める前 (2011年まで) Gt.シューゴ Ba.シン dr.タカアキの3人は HARMONYというバンドで活動していました。
ボーカルの脱退と楽曲の変化が理由で HARMONYを解散。
新たにバンドを作ろうという流れになり ADAをスタートしました。



※最近新たにギターのシンヤが加わったようですがその経緯は?
シンヤは元々SATANIC ROARというバンドをやっていて 知り合ったのは、
Gt.シューゴのスケーター仲間だっだのがきっかけです。
(ちなみにボーカルのマオもそのスケーター仲間の一人でした。)
シンヤは良くADAのライブを見に来てくれてて 以前、熊本の天草にある、友人の持つ プライベートのコンクリートボール脇に
ステージを組んで MASACRE68のカバーバンドをシューゴとやった時に すごくフィーリングが合ったのも後押しして、
シンヤをギターとして迎え、サウンド面での可能性を さらに広げたいという思いから、 正式に誘いました。
即OKしてくれて今に至ります。



※では、HARDCORE KITCHENとの出会いを聞かせて下さい
20年ほど前から福岡にHELLS KITCHEN(ex.BEYOND RECORD)という キッチン姉妹店的なレコ屋があり
そこで初めてHARDCORE KITCHENの存在を知りました。
当時、自分達はその店に入り浸っていて、店長の岩本氏には数え切れない程、世界中のバンドを紹介してもらいました。
今でもその影響下にあると思います。 HELLS KITCHENは閉店しましたが、
その時の流れもあり、こうやって現在に繋がっていると思います。




今回、GENOCIDE EXPRESS FROM NOWHERE / STEEL EVENING SILENT FLOOR
2枚のVAに参加してレコーディングなどのエピソード等あれば?
GENOCIDE EXPRESS FROM NOWHEREに関しては 慣れないレコーディングの中、試行錯誤しながら録ったというのが正直な感想です。
しかし、あのレコーディングの経験を活かし次のEVENING SILENT FLOORに繋げられたと思うし、実験と失敗の繰り返しですが、
確実に自分達の実力に繋がっていると思うので、 今後、新たに録る音源へもそれらの経験を 活かせられたらと思っています。



※今後の活動予定は?
今年は11月の神戸でのgamy企画を最後に来年4月まで、 マオの諸事情でライブ活動が出来ない為
11月以降は音源制作を行う予定です。
来年はGENOCIDE EXPRESS FROM NOWHERE/EVENING SILENT FLOORのレコ発、
福岡編実現させたいです。



※最後に一言
バンド名はADA(エイダ)です。





2017・9・17 (SUN) at : Kieth Flack OPEN/START 19:00 door ¥2000+1d
BACK TO BASICS PEAR OF THE WEST NEW RELEASE !!!

BACK TO BASICS
Pear of the west
TITTY TWISTER
ADA

DJ TSUBASA HELOW


d0028657_08265948.jpg


9/23(土)@小岩BUSH BASH
ADA(福岡)
Dancebeach(名古屋)
Excuse To Travel(京都)
JahanGiR.(大阪)
MiDDLE
OFFICE VOIDS
SUPER DUCK(大阪)
urgh

16時/16時半 2300/2800








d0028657_18365870.jpg


11/25(土)神戸KINGS X
HIGH SPEED MOSH ATTACK!!! vol.24 "GENOCIDE EXPRESS~リリースパーティー

gamy
ADA
BY-PASS
MURDIENA
VAGINERS

DJ チン圧 & GUILD




d0028657_08264788.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=02ZbnKYyhmM





HCK-041
ADA,Dancebeach,Excuse To Travel,JahanGir
“Steel Evening Silent Floor” 4way split CD (税抜)1800円

福岡,名古屋,京都,舞鶴/尼崎の4バンドによる4way split !
MELODIC,EMOTIVE,ALTERNATIVE, JUNK HARDCORE
をひっくるめて多重衝突した様な4WAY SPLIT!






d0028657_18364618.jpg



HCK-038
V.A  "genocide express from nowhere” /大量虐殺特急列車 
CD (税抜)1800円
名古屋,滋賀,京都,大阪,神戸,福岡の
HARDCORE/FAST/POWER VIOLENCE/THRASH/CROSS OVER/
ポエリトリカルFEMALE HARDCORE6バンド
全18曲収録の強力コンピ!
ジャケットアートワークは説明不要のKAZUHIRO IMAI

インナーアートは anustes,chin matsumoto,chobi Tobita,
etsushinaichin shutopia による最高傑作



[PR]
# by hardcore-kitchen | 2017-09-10 08:40 | インタビュー
GENOCIDE EXPRESS FROM NOWHERE gamy インタビュー


GENOCIDE EXPRESS FROM NOWHERE gamyインタビュー

d0028657_18370046.jpg



*gamyというバンドについて

2017年10月で結成22年を迎える、神戸のTHRASH HARD CORE MOSH MACHINE、
ひたすらMOSHにこだわり続けて爆走中です。




*今年からギターとして新加入したユウキについて

前任のしょうちゃん加入以来7年間メンバーチェンジ無しでやってきましたが、しょうちゃんが仕事の都合でライブ活動が難しくなり、
当初ヘルプの予定でevillinickのユウキに声を掛けてスタジオに入っていましたが、しょうちゃんが結局脱退することになり、
そのまま正式にメンバーとして加入してもらいました。 現在のgamyの音に非常にマッチしたギタープレイをしてくれるのでメンバーチェンジでさらにパワーアップしたgamyに乞うご期待。 *今後の予定について 10/7と11/25の二日に分けてこのオムニバスのレコ発神戸編を企画します。
神戸ではここ最近ハードコア系のバンドが激減しているので、
なんとかいい企画にして神戸を盛り上げていければと思っています。




*このオムニバスのインナーはもちろんgamyのアートワーク全般を担当しているANUSTESについて

2006年にANUSTESからコンタクトをもらって、それ以来gamyの全アートワークを担当してもらっています。
出会った当初は東京在住、現在は北海道在住の為、直接会うことはほとんどありませんが
実質gamyの5人目のメンバーと言って過言ではありません。
最近はgamy以外にもGUEVNNAや海外のバンドにもアートワークを提供して活動の場を広げています。
また自身のブランドMOMENTARY PSYCHO ARTでは
手描き、手刷り、手着色など自らの手で表現することにこだわったウェアーなどの作品を展開しています。


*HARD CORE KITCHEN及びオムニバス参加の5バンドとの関係について


HARD CORE KITCHENのCOMETとは20年来の付き合いで、
HARD CORE KITCHENがレコードショップとしてスタートする以前より深く繋がっていたのに音源をリリースするのは今回が初!笑
参加バンドで最も関係が深いのはトーストで、もう15年以上の付き合い。
BY-PASS、CYCOSISとは比較的新しい付き合いながらも活動拠点が近いのもあって、これからも頻繁に一緒にライブやイベントをやる機会も多いと思います。
SOCIAL PORKS、ADAは今回一緒に参加するまでは直接接点は無かったものの、このオムニバス参加をきっかけに今後も良い関係が築いていければと思います。


*最後に一言 このオムニバスのレコ発、大阪編が2016年5月、名古屋編が2017年1月とかなり長いスパンで開催されていて、
この10月、11月にも神戸編をgamy仕切りで開催します。
gamyは残念ながら名古屋編は直前に急遽キャンセルせざるを得ない状況になってしまい参加できませんでしたが…。
神戸編以降もADAの地元福岡でも開催されるとかされないとか…。
6バンドで日程を揃えるのもなかなか難しいのでこの先まだまた未定ですが各地でレコ発開催できればなと思います。








d0028657_18370702.jpg


10/7(SAT) 神戸 BLUE PORT

gamy x ハマダ PRESENTS
HIGH SPEED MOSH ATTACK!!! vol.23 vs はまリンピック
"GENOCIDE EXPRESS FROM NOWHERE リリースパーティー神戸編 DAY1"

gamy
トースト
SOCIAL PORKS
CYCOSIS
NAKED KINGS HIPS
Beat Break Screamer

ADV 1800YEN / DOOR 2300YEN
OPEN 17:00/START 18:00






d0028657_18365870.jpg


11/25(土)神戸KINGS X 

gamy PRESENTS
HIGH SPEED MOSH ATTACK!!! vol.24
"GENOCIDE EXPRESS FROM NOWHERE リリースパーティー神戸編 DAY2”

gamy
ADA
BY-PASS
MURDIENA
VAGINERS
DJ チン圧 & GUILD
ADV 1800YEN / DOOR 2300YEN
OPEN 18:00 / START 19:00







d0028657_18364618.jpg


HCK-038
V.A  "genocide express from nowhere” /大量虐殺特急列車 
CD (税抜)1800円
名古屋,滋賀,京都,大阪,神戸,福岡の
HARDCORE/FAST/POWER VIOLENCE/THRASH/CROSS OVER/
ポエリトリカルFEMALE HARDCORE6バンド
全18曲収録の強力コンピ!
ジャケットアートワークは説明不要のKAZUHIRO IMAI

インナーアートは anustes,chin matsumoto,chobi Tobita,
etsushinaichin shutopia による最高傑作

ロングセラー NOW ON SALE!!!!!





[PR]
# by hardcore-kitchen | 2017-09-08 18:45 | インタビュー
HCK036 JAHANGIR,NOWON,the Miscasts   "SUSPECT THREE" 3way split CD (税抜)1500円
一部のネットショップ?でプレミア価格で発売してるようですが、
現行で発売しておりますので、最寄りのインディーズCD取り扱いのレコード屋さん等
で定価でお買い求めいただけますので、
お問い合わせの上お買い求め、よろしくお願いいたします。

d0028657_1691986.jpg


HCK036
JAHANGIR,NOWON,the Miscasts  
"SUSPECT THREE" 3way split CD (税抜)1500円

関西からそれぞれのありのままの生き様と
溢れる人間味がメロディに乗った強力な3バンド による渾身の12曲!!

ジャケットアートはH.M.V,TONE DEAF,CIRCLE FLEX,
EXCUSE TO TRAVEL等のアートワークを手掛るTREAMTODAの
首謀者 MARONASTY!
インナーアートは三者三様になってます。

3way split!!!  NOW ON SALE

メロディアスでPOPセンス溢れる HC/PUNK ROCK好き~
EMO好きもYOUTH CREW好きもオルタナ好きにも性別世代関係無くALL AGEに
よろしくな一枚です。



JAHANGIR
1994年、LESS THAN TVのVA「TV-VA」に1曲を残し解散したSUBRACHO DOBRACHOを母体に結成。
当初、活動方針は不明確で、サポートメンバーを交え、DESCENDENTSのコピー収録した3曲入りデモテープ
「THE FIRST DEMONSTRATION in SUMMER 1994」を作成。翌1995年、DIRTYISGODのMITT@氏をサポートボーカルに迎え、
正式ボーカル募集用の3曲入りデモテープ「THE SECOND DEMONSTRATION in PROBABLY 1995」を作成し、初演まではこの陣容で活動。
1996年、正式にヤストモがボーカルとして加入し、以降ブッキングを中心に活動を継続。同年2曲入りデモテープ
「THE THIRD DEMONSTRATION in PROBABLY 1996」を作成。
1998年に季節毎に4本のデモテープ「THE FOURTH DEMONSTRATION in SPRING 1998」(3曲入り)「THE FIFTH DEMONSTRATION in SUMMER 1998」(3曲入り)
「THE SIXTH DEMONSTRATION in AUTUMN 1998」(3曲入り)「THE SEVENTH DEMONSTRATION in WINTER 1998」(4曲入り)を作成。
2000年初頭にヤストモが脱退し、以降はオシヤンかアキヒロがボーカルを取る3人編成での活動となる。
同年、販売目的での3曲入りカセットテープ「THE FIRST MERCHANDISE in EARLY SPRING 2000」を作成。
2001年にダブルボギーズのトレビュートVA「君の窓から」に1曲参加、3.5曲入りデモテープ「THE EIGHTH DEMONSTRATION in SUMMER 2001」を作成。
2003年、用途不定で7+仮1曲のレコーディングを行うも、当テイクはお蔵入りとなる。
2014年、難波ベアーズでの録音を中心とした9曲入りデモCDR「13 YEARS LATER 2001 / 2014」を作成
(当作収録の1~2曲目はデモテープ「THE EIGHTH DEMONSTRATION in SUMMER 2001」からの再収録)。
2015年の今年、ハードコアキッチンの招致に応じ、当オムニバスに参加することとなった。
楽曲に不協と変拍子を練り込むことに腐心する非テクニカル系のバンド。
とは言っても、レーダーチャート的にはパンク・ハードコア・メロディック・オルタナの4項でほぼ表すことが可能で、
高尚や難解とは無縁である。なかなか自らを具体的に形容するのは困難だが、然としてはRHYTHM PIGSに比較的近い形状というのが、
イメージし易いのではないかと思う。但し、同バンドからの直接的な影響はさほど受けているわけではなく、
在り様として影響を受けたバンドは他に多数あり、さらに部分的となれば枚挙に暇がないが、
ここでそれを記してもおそらく混迷するばかりなのでやめておく。
20年かかって混ぜ込んで、原材料が曖昧になった流動食、人を試す様な高額食材や人に災いをなす様な非食品は混入していないので、
安心してお聴き下さい。
d0028657_13305184.png

[PR]
# by hardcore-kitchen | 2017-09-03 13:31 | ●NEWS・雑談
Natsuki kinoshita //crail slide

Natsuki kinoshita


@natusk8_pbh //crail slide 📸 


@takako_urata 


#backhandedskatepark 


#hardcorekitchen 


#hardcore_kitchen


#ハードコアキッチン


#HCK


#sk8


#skateboarding 


#skateboard



d0028657_07081189.jpg
d0028657_07082794.jpg
d0028657_07113683.jpg

[PR]
# by hardcore-kitchen | 2017-06-24 07:07 | ●HxCxK PHOTO
HCK-041ADA,Dancebeach,Excuse To Travel,JahanGir “Steel Evening Silent Floor” 4way split CD
d0028657_23295608.jpg


HCK-041
ADA,Dancebeach,Excuse To Travel,JahanGir
“Steel Evening Silent Floor” 4way split CD (税抜)1800円

福岡,名古屋,京都,舞鶴/尼崎の4バンドによる4way split !
MELODIC,EMOTIVE,ALTERNATIVE, JUNK HARDCORE
をひっくるめて多重衝突した様な4WAY SPLIT!



ADA
2011年 福岡にて結成。
地震、原発事故、環境汚染、世界的に広がる紛争…
様々な事象と不穏な空気が 我々の心に深い穴を開け 先の見えない未来に対し怒り、
憂いだ衝動を一発録音にて収録した 1st demo TAPE Control Your Destiny or Someone Else Willを発表
その後 VA.EXTRAORDINARY ? HCK-038 VA Genocide express from nowhere 2枚のオムニバスに参加
90s EUROハードコアの持つ牧歌的サウンドを軸に 放たれるボーカルMAOの悲痛な言葉は
1本の巻物に書かれた遺書を広げて行くかの様に 私達の当り前にある現実に疑問を投げかけてくる。
100%を95%にした時に見えてくる価値観は、この空を覆い尽くす暗黒の雲を切り裂く一本のスピアとなるだろう。
(収録曲 plastic dream イメージ引用 )


Dancebeach
2004年に結成され幾多のメンバーチェンジを越えて現在に至る
名古屋のグルーヴィパンクトライアングル。
硬質でしなやかなビートに透明かつ鋭利な不協和音を響かせる
ギターが絡みつくサウンドに乗せて吐き捨てられる言葉は独特の存在感を放つ。
現在までにdemo音源、2枚の単独アルバムをそれぞれLess than T.V、impulse recordsより、
その他多数のスプリット、V.A.に参加しコンスタントに作品もリリースする。
ライブ活動も自主企画や国内ツアーをマイペースに展開中。


Excuse To Travel
2014年 Gotch(ex-Noeye)、Nakajima(ex-KIRIE)、Yuki(pre-COWS,ex-salt of life)の3人で結成。
ストイックなギターに唸る日本語、荒くドライブ感溢れるベースとドラム。
90年代のD.C.シーンやUS Emo、ジャパニーズメロディック等の音を継承した
エモーティブハードコアパンク。
疾走する演奏と荒々しく感情を吐き出していくボーカルが突き刺さる。
これまでに、1st TAPE「MAKE EXCUSES」、
The Miscastsとのライブ会場限定split CD-R「The Miscasts are my Excuse To Travel」をリリース。
世代やシーンを問わず、関西を中心に活動中。


JAHANGIR.
1994年結成。当初は4人編成だったが、数人のボーカリストを経た後、2000年頃からドラムがボーカルを兼ねる3人編成となり、現在に至る。
過去に数本のデモテープ及び数枚のデモCDRを配布あるいは販売してきたが、2015年にHARDCORE KITCHENよりリリースされた3way-split
「SUSPECT THREE」への参加が初の本格音源となる。
当初は1989年結成の前身バンドの方向性を継承し、メロディック系を模索していたが、徐々に歪みが生じ、不協と変拍を許容するに至って、
落としどころ設けることは放棄した。
それなりに長引いた活動歴の中では、遠近問わず様々なバンドの影響を受けているのは当然であるが、その結果たる楽曲を顧みるに、余りに
直截さを欠くこれらの現状を鑑みれば、無用の予断の種を撒かぬ意味でも、それらの羅列は差し控える。
むしろ我々としては傍目から両断されること渇望します。


ジャケットアートはH.M.V,TONE DEAF,CIRCLE FLEX,
EXCUSE TO TRAVEL等のアートワークを手掛るTREAMTODAの
首謀者 MARONASTY!

https://www.instagram.com/maronasty.artwork/









福岡の女性ボーカルハードコアパンクADA。
叙情的な旋律に女性ボーカルが、言葉を突きつける。
ADAの音楽に燃えると言う言葉は、相応しくないかもしれない。
彼らの音楽に触れていると、ただ一人の人間になりたくなる。
一人の人間としての切なさ、寂しさ、そして今を生きている誰かを想像してみる愛しさ。
そんな感情にさせられ、存在の根源から揺さぶられる。
揺さぶられることによって、他者の存在を見ようとさせてくれる、
他者の言葉を聴こうとさせてくれる。それを喜びと言うのではないだろうか・・・。
彼らの音楽は、僕にそう教えてくれる。(GOTCHA 内野端樹)



Dancebeach
能天気でイケイケなイメージを想起させるバンド名。
しかし、音に触れるとその印象は一転する。
愛知の3人組Dancebeachは、安易な妥協を拒絶するかのような、
ヒリヒリとした硬質なロックな音を、我々の耳に突き刺してくる。
本質的な意味でのヘビー・メタルそのものだ。
今回の4曲は、所謂オルタナティブな感覚に満ち溢れている。
日本的なフレーズと西洋的なフレーズが拮抗してくるところは、
このバンドならではの展開だ。いい宇宙を創り上げている。
TAYLOW・the原爆オナニーズ


漆黒の岡山城そそり立つ京都タワーといったシンボルを
Ebullition印のフンドシでグッと締め上げるExcuse To Travel。
シンボルロックならぬシンボルパンクロック。脂のってるね!
シマダタカシ(the Miscasts)


「JAHANGIRを初めて見たのは20歳の頃、それから早十数年経ちました。
当時は西海岸の風を感じていましたが、最近は日本海の風を感じます(最高)
10年後も一緒にライブしましょう!」クリモトさん( Bears / Diskover )



ライブスケジュール


ada
7/16 HIGH CONTRAST8 @福岡 MRT studio
7/29 dfer.vol.31 @西横浜 EL PUENTE

Dancebeach
5/13(土)Studio246 名古屋

Excuse To Travel
4/7(金)岡山crazy mama 1
4/23(日)西院ネガポジ
5/13(土)東京早稲田zone B







[PR]
# by hardcore-kitchen | 2017-03-09 23:33 | ●HxCxK LABEL INFO
HCK-042 OOZE "FROM ABYSS HIGHER THAN SKY" CD (税抜)

d0028657_02485086.jpg
HCK-042 OOZE "FROM ABYSS HIGHER THAN SKY" CD (税抜)1800円

浪速のHARDCORE PUNKバンドOOZE!!
ぶれる事なくひたすら自身の道を、
執われる事無く広がりを見せながら、勢い衰えず深化し続ける
ドライヴィンでROCK’ INな全10曲40分に及ぶニューアルバム完成!

「耕された土のイイ匂いだ 俺の苗はここに植える」 FIVE NO RISK (TEPPEI)

4月12日発売予定!






OOZE
2008年よりLive活動開始。
exNightmare,現TECHNOCRASY,VORACIOUS SOUL等のメンバーによって繰り出される音は、曲ごとに表情を変え、ドライブ感満載でロックする極上のハ-ドコアパンク。
大阪を中心にジャンルを問わず活動中。





LIVE スケジュール

3/26 戦国大統領

5/3~6 OOZE&マサカリ BARBARIAN BOOGIE TOUR 2017
5/3 鹿児島 WORD-UP!
5/4 長崎 STUDIO DO
5/5 別府 COPPER RAVENS
5/6 高松 NOAH'sARK

5/21 心斎橋 火影


[PR]
# by hardcore-kitchen | 2017-02-24 02:50 | ●HxCxK LABEL INFO
Ulcer 1.28 @TOONICE "Liberation of mind"
<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/jiPHsxHxjlU" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>


Ulcer GIG Schedule
3.4高松Toonice
4.9大阪King Cobra Squat
5.5高松Rizin



HCK-044
Ulcer “Vandalism” CD(税抜)1500円 「死の国」から振り下ろされる鈍色の鎌が全ての蛮行に終止符を告げる!
四国・香川Primitive Dark Metal Crust「ULCER」待望の1stミニアルバム!

3月8日発売予定

ex.EFFIGY/ex.AXEWIELDのMassda(B.Vo)、同じくex.AXEWIELDのUjita(G)、
メタルバンドFULL THROTTLE LOW POWERSではボーカルを務めるDaisei(DS)による
「ULCER」ファーストミニアルバム!
前身バンドとも言えるAXEWIELDから追求され続け、さらにメタリック度を増しながら執拗に放たれる拘り抜かれた
AMEBIX~AXEGRINDER~HELLBASTARD系譜・退廃暗黒Metal Crust全6曲!
アートワークはK7GのTakao氏による ダ−クでサタニックな作品!

DISCIPLES OF HELL
VANDALISM
FATHER TIME
PHANTOM
REMAINS
THE FORBIDDEN FRUITS


#ulcer
#cosa
#effigy
#axewield
#crustpunk
#metalcrust
##crust
#crustcore
#hardcorepunk
#japanesehardcore
#maximumrocknroll
#hardcore_kitchen
#ハードコアキッチン
#hardcorekitchen
[PR]
# by hardcore-kitchen | 2017-01-29 14:42 | ●NEWS・雑談