HARDCORE KITCHEN
hardcore.exblog.jp

HARDCORE KITCHEN Mail: hck@ hck.sakura.ne.jp
カテゴリ
LINK

●HxCxK MYSPACE


●HxCxK携帯版


HxCxK Mobile

●HxCxK BBS


●BAND:

・atmosfear
・B.D. UNION
・THE BLAST
・BREAK OF CHAIN
・Center Wrong Unit
・CIRCLE FLEX
・COMPLETED EXPOSITION
・CORRUPTED
・CRANK
・CRIKEY CREW
・CRISPY NUTS
・CROW DRAGON TEA
・沈黙爆撃機
・DEGENERATE
・Devastated Goes
・DEVOID
・DIG-LAZY
・DORAID
・Dr.BREAKER
・猿臂
・EXPLOSION SACK
・fall sets in
・FC FiVE
・five kinds square
・FRIENDSFOREVER
・THE FUTURES
・HUMPTY DUMPTY
・HYDROPHOBIA
・IMMORTALITY
・KAMISORI
・KATIE KATTY
・狂撃
・LARVA
・LAST ONE STANDING
・LIQUID SCREEN
・MEANING OF LIFE
・Nightmare
・NK6
・ONE LAST VICTIM
・PSYCHOTIC REACTION
・REAL REGGAE
・RE-BUILD
・ROBO&THE MOVEMENTS
・ROGUE TROOPER
・R.O.M.
・SMASH YOUR FACE
・THE SPROUTS
・STAB 4 REASON
・STIR UP SHIT
・STRONG CROWD
・SUPPORTERS
・Svar fra hedensk
・SWARRRM
・TECHNOCRACY
・T.J. MAXX
・TONE DEAF
・TURTLE ISLAND
・VIDA ES DOLOR
・WAGPLATY

・THE YOUNG PENNSYLVANIANS
・ゾスキア
・ZOMBIONZ

●LABEL:
・BLOOD SUCKER RECORDS
・B.M. PRODUCTION
・FRONT OF UNION RECORDS
・HANDA & COMPANY
・旗掲レコード
・H.G.Fact
・KARASU KILLER RECORDS
・殺シノRECORDS
・LESS THAN TV
・LOVE OVER VOLTAGE RECORDS
・MCR COMPANY
・POGO 77 RECORDS
・STATEMENT RECORDS
・STINGER RECORD
・TIMES TOGETHER
・VITAL SIGN RECORDS

●SHOP、PRODUCTION:

●アルベルト治療院

・現代からだ研究所
・AFTERBASE
・BAR HAWK WIKD
・BARKBOX
・BIGTIME
・BLUE tal YOKOHAMA
・カフェレストラン・フローリック
・CORE MACHINE
・Debutante
・fabu
・Grave
GRIM krazy painting
・破壊屋社中レコードショップ
・HCPOWERED
・HOLE OF THE WALL
・ホテルグリーンピース

・彫しげ
・イタリア食堂・ロイ
・K-CLUB
・LINDA
・#6 SHOPPER'S WEB
・QKR Productions
・RED CAT SALOON
・STARGAZER
・SUICIDE PLANE
・TRUE CLASSIC
・YONARTE TATTOO
・WOODS SKATE SHOP+PARK
●LIVE HOUSE:
・HELLUVA LOUNGE
・LIVE HOUSE 108

●OTHER:
・CYNICAL SMILE
Fishing with Zung
・MOBSPROOF
・My Fart JUGEM
・Oh, damn!
・SADDLE TRAMP
・SAVAGE SUPPORT
・THE JAP HARD CORE PUNK HOMEPAGE
・TOR2GA
検索
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2003年 11月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
NOWON インタビュー


d0028657_12001880.jpeg
d0028657_11595571.jpeg


Q MOGA THE ¥5解散ライブからNOWONを始めた経緯や心境なんかを教えてもらえますか?

エスカルゴ (E) MOGA脱退後 これが引際と思った事もなく…w
もう一度自分の価値観と生活サイズに見合った音楽がしたいとずっと思ってました。
次バンドやるなら頭の中でドラムは藤岡くんって決めてたw
そんな矢先にダブルボギーズのライブ打ち上げで藤岡君と再会して ダメ元で
「何か新しいバンド始めたいから手伝って?」って言ったら即返に近いOKを貰えましたw
ドラムが決まれば早いやろとおもって…

藤岡(F )いや早くなかったw

トシロー(T ) MOGA THE ¥5解散の時にその場に居て、エッさんが帰る時に、
またやる時手伝って〜って藤岡君に言うてたの見た気がする….w

E.その頃から伏線を張っていたのかw…

E 半年くらい2人でスタジオに入ってて、なかなか見つからんかって、
最初2人で2.3曲(欲求のエスカレーター、ミステイク、記憶プール) 作って楽しいなぁ… 言うてw
そろそろベース要るやろとw じゃあトシロー呼びますってなって 。トシロー加入に至るw

E この時トシローの名前と顔が一致してw って言うか自分(クリープの)ギターやん⁈って思ってましたw
今思えば寺尾くんのベース借りてスタジオに来てたw 弾きにくい言うて文句言うてたな…w
三人での活動がはじまり2回ほどライブを終えた頃 谷君の結婚式の2次3次会で飲んで意気投合したのが
ナオキでまたなんか手伝ってよ!って誘ったw

N:次の日エッさんからメイルで、本気でやってくれってw

Q frantic stuffsやりつつNOWONに加入した経緯や心境なんかを教えてもらえますか?:

N:加入の経緯は上記の通り、谷君の結婚パーティーなんですが、 自分もその時泥酔で、
どういう風に何話して誘われたかはちゃんと覚えてないんですよ…w
でも、次の日にホンマにエッさんから連絡あって、「あ、マジで誘ってくれはったんや!」と嬉しかった記憶はありますw
恐らく、酔うてて自分で大きい事言うてたんやろうな〜とwで、NOWONはデビューライブも観てたし、
トシローと藤岡君は以前から知り合いやったので、 一緒にやってみたいなって言うのもあったし。
また、加入当時もFRANTIC含め複数バンドやってたんで、もう一つ増えるのもそんなに問題なかったです。
ただ一つ、NOWON加入の上で自分の中でポイントやったのが、それまでは70sスタイルの英詞のバンドをやっていた、
更にギターボーカル担当というのが、初めての日本語のバンドに加入するという事で、 初めての経験なのでとても楽しみやった記憶があります。

F 僕もナオキと知り合って長いけどやってたバンドにそういうイメージ(70sパンク) があったから、
最初聞いたときエッ? ナオキ!?ってなりました

T ギターボーカルのイメージやからな

エスカルゴ (E) 俺は知らんかったから慌ててfrantic staffsを観に行ったと言う…W

N:実は俺自身、レコードは持ってるけどMOGA the ¥5のライブに熱心に行ってなかったんですが、
エッさんに誘われたという事が単純に嬉しかったし、エッさんのメロディーセンスの上に、
自分の考えたギターフレーズを乗せる作業が単純に楽しいですね。
自分が考えた曲にしても、絶対自分では歌えないフレーズでもエッさんやったらこう歌ってくれるんちゃうかな?
と思って作ってみたり。

先ず最初にメロディーありき、そこにギターを乗っけていくっていうのが、難しいけど下手でも自分なりの個性が出せたらと思ってます。
そういえば、加入してしばらくしてからH.M.Vのヒーコ君に、「ナオキ入って、インチキハードロックなギターなって良うなったな!」
という褒め言葉をいただいたのは嬉しかったですw


Q トシローは CREEP/FLASH LIGHT EXPERIENCE〜LAST LAUGHでギターから ベースやけど、

T 別に問わない。家では練習しないけど


Q ANTI JUSTICE〜LAST LAUGH で、エッさんから誘われて どういう経緯と心境ですか?

F モガ好きですからね! エッさんですよ!!! 
エッさんにドラム叩いてくれっていわれてるんですよ!
な訳で、はい!の一択です!


Q バンド名の由来は?

F 初ライブするにあたって考えたんやね〜

E アイデアとしてNOW ALLかNOWONとあって、 藤岡君が回文みたい…
上から読んでも下からよんでもナウオンやからって 事でNOWONに決定!


Q タイローさんもコメントでおっしゃってるように エモ+パワーポップ)×パンクって感じなんですが、
各メンバーの集大成って感じなんですが、 NOWONの音楽性って言うと?

F いや、もうエッさん! メロディありき!

E 昔からそうなんやけどメロディ先行型のPUNKROCK!

N:いやー、ホンマにみんな言うとおりエッさん節のメロディーありき!
さっきも言うたけど、自分ではよう歌わんメロディーを、 更にエッさん節のメロディーが乗るって言うのが最高じゃないですか?w
あとは、PUNK ROCKをやるっていうのは大前提で、今まで自分たちの聴いてきた、余計な物も含めて、 それを昇華させた音やと思います。

E ナオキも俺もパワーポップ好きやし、俺そんな詳しないからナオキから教えてもらってる
て言うか共鳴っていうか共感するもんがみんな一緒やった。

F トシローとナオキがオタクやから、ようスタジオとかで話してるのを聞いててちんぷんかんぷんw

Es:オラもw

T 好きなんが一緒やったりする

E 俺はメロディしかないからな〜やりすぎかな〜って思う事が多々あるw

T それは考えすぎん方がええ思うし

N:それはエッさんがやったらハマるから!

F クサくなってももうそこはやってもうた方がいいw

E 俺がしんどそうに歌ったらエモっぽくなるしw
EMPTY HOLE でキー高いから下げていい…? って聞いたら みんなにアカンって言われたw

Q 録音/Recordingについて感想やエピソードなんかあります?

E 2年かかったけどなw

T 曲ない状態からレコーディング入るからそら時間かかる

E 一平ちゃん的には曲できてから来いや⁈ って感じやったやろうど2年の歳月を要してやっとできたW

N:それでも、演奏が全然仕上がってなくて、今回はパスした曲が一曲ありますw

E その曲は次出ますW

E そんだけかかったけど、そんだけ濃厚なもん出来たんちゃうかなと思ってます。

T でも最後のミックス終わって家帰って聞いたら、 今まで感じなかった、出来たなと!と言う感覚!

F アルバムってはじめてやから N:俺はここ近年、FRANTICやSTEALMATEとかで、一平さんに録音でお世話になっていたので、
お互いの呼吸も噛み合っていたと思うし、アイデアも出しやすかったので、めちゃくちゃやりやすかったです。
本当に一平さんは信頼してます!

E サスペクトの時に先やらしてもうてたから NOWONの理解に関してスムースにいった部分はある

N:ある意味、一平さんは第五のメンバー。

F バンド歴長くなったら、家庭の事情もあるしそれぞれの仕事もあるしで…
結果ヤキモキさせるばかりw


Q メンバー2人が自営業をやってるみたいですが、活動に関して 兼ね合いとかどうかな?

T 自転車屋はやっぱり自転車操業やろ?
*藤岡君は尼崎の東園田で,Lost & Found Bicycles 営業中!



E 競馬場の前!

T どうなん?

F  大阪市内から離れてるので友達と喋る機会が減ったのがさびしい

N:俺は、まだ店にみんな来てくれるから…
*ナオキは中津でちょい呑み食堂 tutiniで営業中!


F 尼崎のコストコ行くなら寄って欲しいw

N:バンドとの兼ね合いに関しては、飲食店経営なので基本どうしても定休日にしか活動できないので、 メンバーには申し訳ないなと思っています…
それでも自分達のペースでやれる範囲でやっていこうって言うてくれるエッさんには感謝しています…w

E まあでも、時間制約されるし、ツアーもバンバンいかれへんし 連チャンでライブもできへんけど、
それはそういうスタンスでやってるバンドなので、 まあ時間かけてでも会いたい人達、行きたい場所に行くし、
いつかは、応援してくれてる仲間が待ってるとこに行くつもりにしてる!

N 海外もね!

E 行けるんかいな…?

T カナダのやつに言うて…

E 日本語で歌うって事にハンデは感じんでよろしいらしいw

Tはっきり日本語で歌うバンドでプレイするのは、初めてで、 ちゃんと日本語で聞き取れるバンド聴いてたんも
MOGAとキュウイロールしか聴いてない てか基本的日本語でってバンドはあんま聴いてない。

E ダブルの時からそうやねんけど、PUNK ROCKの楽しみを教えてくれたんはディッキースやけど、
それは、ナウオンになってからでもメンバーから色んなバンドおしえてもうたし、 
POPの向こうのPOPを体感出来てるしなw

N:日本語でメロディーのあるPUNK ROCKをやるのは、どうしても難しいねんけど、、、

T エッさんは簡単にできる E この小節のなかでこんだけ歌詞詰めなアカンっていうのは、
ダッサイなと言うから意味繋がらなくてもメロディ優先で歌詞を端折るw

F こう、日本語やったら音階に対して一語ってなりがちやけど エッさんはそうじゃない

E もっと綺麗なメロディっていうのもあるんやろけどな。
けど、リフにもっていかれるっちゅうかなんちゅうか…
どうしてもこういうメロディで歌わなって事もギターと噛み合わんかったりして最終ギターをなげるw

F 曲でいうたらシンコペ-ションが多いから日本語でも単調じゃないし

E メロディからつくるから、それぞれメンバー全員がアクセントとかアレンジを考えてくれる。
それが、他にない、オリジナルティかも知れんw

N:所謂、邦楽っぽくならない。

E 歌詞は後からやから、 曲作ってる途中はうそ英語が基本
一瞬のま〜に〜の最初は、IT’S JUST MAGIC~やったからな〜。
EMPTY HOLEは言葉えらびに散々悩みました…w


Q メンバーは他にも、複数バンドをやってるけど、その辺とかってどうなんすか?

T トシローと藤岡は、別に練習してないから関係ない! 影響一ミリもないW

E ナウオンもたまにしか集まらないからW

T そこはあうメンバーでやってるから

E バランスよくやってるからW 今年はダブル多かったけど、普段そんなやってないW

T 結局バンド活動事態ピンポイントでやってるから


Q ゲスト参加のキーボードの参加の経緯など

E なんやろなW あれはエンジニアの一平ちゃんと同じ歳の盟友ていうかなんていうか、
元々オメガの小谷さんが紹介してくれて….吉田くんは最高のキーボードプレーヤーですw

T めっちゃオモロかった

F エッさんPsychotic Reaction好きやからオルガン入れたいって

T 吉田さんの演奏はええもん見れたわ〜

N:まさか、紅いシグナルにもキーボードが入ってると思わんかった!

T 年下の俺からしたら同じ歳の3人がああやって楽しくやってるの 見てお互い3人リスペクトしてるんやろな思った


Q アートワークについて。

T 巨匠

E 変に巨匠のオリジナリティを損なうような事はしたくなかったし、
また無から始めるのもシンドイやろうと思って いくつかのソースだけ投げてほぼ任せっきりw
とは言えまたごっつい骸骨やったりしてな〜W ってノリで待ってたw

N:ほなら、ホンマにガイコツ!w

E それまでのHCKの前振りどPOP告知画像から一転してW


Q 言うときたい事とかなんか?

T一曲1分で8曲入りの音源作りたい!

全 ええなー

T 後 合唱できる曲も作りたい!よくばりやから。

N:NOWONは、スタイル含め、トータルで純粋にPUNK ROCKやと思います。

T 自然体や!

E 生活感モロ出しの生々しさw

T SLUTSのボーカルが、ライブ前エプロンしてそのままギター弾いてライブしてたんが 最高でしたって言うてたで

F イギリスのレザーフェイスとかコックスパラーとかって 見た目も生活そのままでその辺のおっさんがバンドやってる感じがええな〜

N:俺ら見た目はミニットメンやしな!wPUNKファッションはカッコええのはわかるけども、
自分達はそうでは無くて、身の丈にあったとこでやりたいな。
更にその自分達のスタイルをハッタリでもカッコよく見せるのが、PUNKなんじゃないかなと思いますw

T ソーシャルポークスに加入させて下さい言うて断られた奴が バンドをやってます。
ここ書いといて下さいw

Es:ってか何の話しやねんw爆




d0028657_13125092.jpg


by hardcore-kitchen | 2018-12-18 12:01 | インタビュー