人気ブログランキング |
HARDCORE KITCHEN
hardcore.exblog.jp

HARDCORE KITCHEN Mail: hck@ hck.sakura.ne.jp
カテゴリ
LINK

●HxCxK MYSPACE


●HxCxK携帯版


HxCxK Mobile

●HxCxK BBS


●BAND:

・atmosfear
・B.D. UNION
・THE BLAST
・BREAK OF CHAIN
・Center Wrong Unit
・CIRCLE FLEX
・COMPLETED EXPOSITION
・CORRUPTED
・CRANK
・CRIKEY CREW
・CRISPY NUTS
・CROW DRAGON TEA
・沈黙爆撃機
・DEGENERATE
・Devastated Goes
・DEVOID
・DIG-LAZY
・DORAID
・Dr.BREAKER
・猿臂
・EXPLOSION SACK
・fall sets in
・FC FiVE
・five kinds square
・FRIENDSFOREVER
・THE FUTURES
・HUMPTY DUMPTY
・HYDROPHOBIA
・IMMORTALITY
・KAMISORI
・KATIE KATTY
・狂撃
・LARVA
・LAST ONE STANDING
・LIQUID SCREEN
・MEANING OF LIFE
・Nightmare
・NK6
・ONE LAST VICTIM
・PSYCHOTIC REACTION
・REAL REGGAE
・RE-BUILD
・ROBO&THE MOVEMENTS
・ROGUE TROOPER
・R.O.M.
・SMASH YOUR FACE
・THE SPROUTS
・STAB 4 REASON
・STIR UP SHIT
・STRONG CROWD
・SUPPORTERS
・Svar fra hedensk
・SWARRRM
・TECHNOCRACY
・T.J. MAXX
・TONE DEAF
・TURTLE ISLAND
・VIDA ES DOLOR
・WAGPLATY

・THE YOUNG PENNSYLVANIANS
・ゾスキア
・ZOMBIONZ

●LABEL:
・BLOOD SUCKER RECORDS
・B.M. PRODUCTION
・FRONT OF UNION RECORDS
・HANDA & COMPANY
・旗掲レコード
・H.G.Fact
・KARASU KILLER RECORDS
・殺シノRECORDS
・LESS THAN TV
・LOVE OVER VOLTAGE RECORDS
・MCR COMPANY
・POGO 77 RECORDS
・STATEMENT RECORDS
・STINGER RECORD
・TIMES TOGETHER
・VITAL SIGN RECORDS

●SHOP、PRODUCTION:

●アルベルト治療院

・現代からだ研究所
・AFTERBASE
・BAR HAWK WIKD
・BARKBOX
・BIGTIME
・BLUE tal YOKOHAMA
・カフェレストラン・フローリック
・CORE MACHINE
・Debutante
・fabu
・Grave
GRIM krazy painting
・破壊屋社中レコードショップ
・HCPOWERED
・HOLE OF THE WALL
・ホテルグリーンピース

・彫しげ
・イタリア食堂・ロイ
・K-CLUB
・LINDA
・#6 SHOPPER'S WEB
・QKR Productions
・RED CAT SALOON
・STARGAZER
・SUICIDE PLANE
・TRUE CLASSIC
・YONARTE TATTOO
・WOODS SKATE SHOP+PARK
●LIVE HOUSE:
・HELLUVA LOUNGE
・LIVE HOUSE 108

●OTHER:
・CYNICAL SMILE
Fishing with Zung
・MOBSPROOF
・My Fart JUGEM
・Oh, damn!
・SADDLE TRAMP
・SAVAGE SUPPORT
・THE JAP HARD CORE PUNK HOMEPAGE
・TOR2GA
検索
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2003年 11月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
THE NUMBERS Sunset Strip 7Inch / THE RIPTIDES Tommorrows Tears 7Inch
THE RIPTIDES Tommorrows Tears 7Inch 1575円

d0028657_8232269.jpg









THE NUMBERS Sunset Strip 7Inch 1575円
d0028657_823561.jpg









1976年に当時の新しいパンクの音に影響を受けたオーストラリアのクイーンズランド大学の5人の建築科の学生によって結成。今回はレア度がかなり高い1STオリジナル・ヴァージョンとポップ度に磨きがかかり、リズムカルな2NDシングルを正規再発!! ■THE RIPTIDESは1976年に当時の新しいパンクの音に影響を受けたクイーンズランド大学の5人の建築科の学生によって結成。いくつかのバンド名とメンバーが変わり、1977年の初め頃、デニス・カントウェル(ドラムス)、スコット・マシソン(ギター)、アラン・リリー(ギター)、ロブ・ビッカーズ(ベース)とマーク・キャラハン(ボーカル)のメンバーで最終的にTHE NUMBERSに決まる。1978年の中頃にブルース・ウィンドウ・スタジオに入り1STシングル『サンセット・ストリップ』をレコーディングする。 『サンセット・ストリップ』は地元と海外音楽プレスの両方に高い評価を得るが、その事により、シドニーに同名のバンドが存在する事が判明。その後、メンバーのロブ・ビッカーズが脱退(やがてGo-Betweensに加入)し、4人になったのを期にバンド名をTHE RIPTIDESに変え『サンセット・ストリップ』を1979年に再リリースする。 アランが学業に専念する為に脱退する迄はブリスベン周辺で活動していた。アランの代わりにアンドリューが(ギター/キーボード)加入し、新たなラインナップによって『トゥモローズ・ティアーズ』を1980年にリリースし、後にシドニーに活動拠点を移す。 シドニーの音楽シーンでブレークするには非常に難しいと分かるが、評価の高いライヴ・レヴューにより徐々にファンを獲得。オーストラリアで人気の高いライヴ・アクツとなり、1981年レギュアー・レコーズと契約する。1981年の中頃にはスコット・マシソンがバンドを脱退し、代わりにマイケル・ヒロンが加入を切っ掛けにマーク・キャラハンがギターに代わり、マイケル・ハミルトンがベースとなる。 その後バンドは6曲のEP、『スウェプト・アウェイ』をフェスティバル・レコーズのプロデューサー、グラハム・バズ・ビストラップによってレコーディングし、シングル『オンリー・タイム』を1981年の終わりにリリースする。81年から82年迄広範囲に渡ってツアーをした後に、デニス・カントウェルとアンドリューが海外放浪の旅に旅立つを決意。マークとマイケルにバンドの再編成を任せバンドを去った。 マイケルがリード・ギターになり、グレーム・ユッチンソン(ドラム)、ハワード・ショークロス(ベース)、ラッセルパークハウス(キーボード)の新しいラインナップになり、シングル『ハーツ・アンド・フラワーズ』をレコーディングする。 『ハーツ・アンド・フラワーズ』は1983年にリリースし、イギリスのSIMLE MINDSのツアーに参加するなど徹底的にツアーをこなしたが、1984年にマークとマイケルの決断によってバンドは解散してしまう。マークは大成功を納めたGANG GAJANGのフロントマンとなり、マイケルはカルト的人気曲『ザ・プラグ・アグリーズ』、『ザ・パイナップルス・フローム・ダウン・オブ・タイム』で参加し一緒にプレイしている。 1987年に激励のバンド活動をした後にマーク(ギター)とマイク(ベース)はアンドリューとプロデューサーのグラハム・バズ・ビストラップ(ドラム)により、ブリスベンで再び一緒になる。このラインナップは1988年にリリースされたライヴ・アルバムの『リサーフェイス』と同じラインナップで、生々しく、伝染的なエネルギーのライブだったのを得られる。このアルバムは投票により、ローリングストーン誌のトップ100アルバムになる程である。THE RIPTIDESは挑発的に再び現れ、次の10年に渡り変わったツアーを行い、バンドは本質的なルーツである、バンドが好きな人々と一緒に楽しい曲を演奏する為に再び戻って来た。
by hardcore-kitchen | 2009-03-08 08:23 | ・海外70sPUNK/POWER POP